藤原正彦エッセイコンクール

第2回藤原正彦エッセイコンクール受賞作が決定いたしました。

姫路文学館では、エッセイストとしても人気の高い藤原正彦姫路文学館長(数学者・作家・お茶の水女子大学名誉教授)が「読書」とともに推奨する「書くこと」の大切さを伝えるため、平成27年度に「藤原正彦エッセイコンクール」を創設しました。本賞は、中学生以上を対象とし、藤原館長の審査により、中学生部門、高校生部門、一般部門の各部門に最優秀賞、優秀賞、佳作各1作を選考するものです。

このたび、第2回目の受賞作、計9作品が下記のとおり決定いたしました。

第2回の受賞作はこちら。(PDF形式)

 

受賞作および受賞者(敬称略)

中学生部門 

最優秀賞 「さくらの季節」

小西 野杏(こにし のあん/兵庫県宝塚市 小林聖心女子学院中学校1年)

優秀賞  「帰り道」

長谷川  蒔(はせがわ まき/姫路市立城山中学校3年)

佳作 「大人と子どもの狭間」

結城 潮音(ゆうき しおね/姫路市立広畑中学校2年)

 

高校生部門

最優秀賞  「うら」

岩間 成美(いわま なるみ/兵庫県立姫路西高等学校2年)

優秀賞  「頑張るということ」

小林 あかり(こばやし あかり/兵庫県立加古川東高等学校1年)

佳作  「お手頃な幸せ」

中川 知優(なかがわ ちひろ/姫路市立琴丘高等学校2年)

 一般部門

※年齢は発表日(平成28年12月20日)現在

最優秀賞  「世界を名付ける」

天野 浩子(あまの ひろこ/35歳 主婦 兵庫県姫路市)

優秀賞  「また会う未来のために」

感王寺 美智子(かんのうじ みちこ/56歳 自営業 宮城県気仙沼市)

佳作  「嘘の功罪」

榎並 掬水(えなみ きくみ/78歳 無職 広島県広島市)

 

  賞

賞状、藤原正彦館長のサイン入り著書と副賞(以下のとおり)を贈呈します。

中学生部門

最優秀賞 図書券1万円分、優秀賞 図書券5千円分、佳作 図書券2千円分

高校生部門

最優秀賞 図書券3万円分、優秀賞 図書券1万円分、佳作 図書券5千円分

一般部門

最優秀賞 10万円、優秀賞 3万円、佳作 1万円

 

受賞作品の掲載

入賞作品は、表彰式において配布する作品集(冊子)や、姫路文学館ホームページに掲載します。また、各部門の最優    秀作は文化雑誌「バンカル」103号(2017年3月 姫路市文化国際交流財団発行)でも紹介します。

 

賞の概要

審査員

藤原正彦 姫路文学館長(数学者・作家・お茶の水女子大学名誉教授)

作品規定

対象は中学生以上、テーマは自由、400字詰め原稿用紙5枚以内。

日本語で書かれた自作で、未発表のものに限る。

 

過去の受賞作

第1回受賞作