ワークショップ「和とじ製本でオリジナルノートを作ろう」

企画展「収蔵品 金井寅之助文庫展」では、江戸・明治期に刊行された和本の数々を展示しています。

ワークショップでは、本の仕組みを解説し、和とじでオリジナルのノートを作成します。

ワークショップで学ぶ製本方法はご自宅でも再現可能な方法です。学んだ製本方法は、ぜひ、日常生活にお役立てください。

【講師】 南郷美香氏(兵庫県立図書館)

【日時】 2018年3月10日(土曜)

1回目:午前10時30分~12時 / 2回目:午後2時~3時30分 (1回目・2回目は同じ内容です)

【会場】 姫路文学館 講堂(北館3階)

【対象】 どなたでもご参加いただけます

※製本作業において針やきりを用いるため、小学校低学年が参加の場合は保護者同伴。

【定員】 各回15人 (応募者多数の場合は抽選)

【参加費】 無料(必要となる材料・道具はすべて用意いたします)

【申込方法】

ハガキ・ファクス・姫路文学館ホームページ(参加申込フォーム)のいずれかで、参加者の住所、氏名、年齢、電話番号と、希望する時間帯(1回目・2回目・どちらでも可)を明記の上、2018年2月23日(金曜)までにお申し込みください(消印有効)。

〒670-0021 姫路市山野井町84番地  姫路文学館「和とじ製本」係
FAX✳079-298-2533

ホームページからのお申し込みはこちら(2018年2月23日まで) ⇒ パソコンから スマートフォンから 携帯から

※お申し込みは、2月23日で締め切りました。多数のお申し込みありがとうございました。

お申し込みいただいた方へは3月6日(火)までに、抽選結果および講座のご案内を差し上げます。

 

 

 

 

 

 


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ: