English

ウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティへの対応について

平成28年(2016年)4月1日に施行された「障害者差別解消法」や総務省からの「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」において、全国の自治体が運営するウェブサイトがウェブアクセシビリティに対応するための取り組みが求められています。

ウェブアクセシビリティとは

ウェブサイトを利用する高齢者や障害者を含めた利用者が、利用環境やウェブサイトの機能に関係なく、ウェブで提供されている情報を正しく取得し、利用できることを意味しています。

姫路文学館の取り組みについて

姫路文学館では、「障害者差別解消法」や「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」で示す高齢者や障害を有する人を含めた全ての利用者が快適に利用できるようウェブアクセシビリティに順次対応していきます。

ウェブアクセシビリティ方針

目標とするJIS X 8341-3:2016の適合レベル

JIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠することを目指します。
なお、総務省の「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」において、国や地方公共団体等の行政機関は「適合レベルAAに準拠」することが求められています。

今後の取り組み予定

令和2年度末までに当館としてのガイドラインの策定を行います。ウェブアクセシビリティに関する職員研修への積極的な参加、継続的な検証により問題点を把握し、公開しているページの改善等に取り組んでいく予定です。また毎年度末に、その取り組み及びアクセシビリティの実現内容を確認、公開します。

取組確認・評価結果表