開館30周年記念 特別展「猫のダヤン35周年 ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展」

わち・ふぃーるどへようこそ!

雪の魔法で〈わちふぃーるど〉に迷い込んだミステリアスな瞳の猫ダヤン。そこは、〈アルス(地球)〉と異なり、ゆっくりと時が流れ、動物たちが人間のように暮らし、妖精や魔女もいる世界でした。初めは戸惑ったダヤンもすっかり馴染み、仲間たちと四季のお祭りや冒険を楽しむようになります。

本展では、展覧会のために描かれた新作原画を始め、初期の絵本作品や人気作品の原画、スケッチを中心に、ダヤンの住む〈タシルの街〉を体感できる巨大なダンボールアート「お祭り広場」、革を使ったジオラマやギニョール劇場などを展示します。

ダヤンたちといっしょに物語世界をお楽しみください。

「劇場の構想」2018年

展覧会チラシ(表)(PDF形式)

展覧会チラシ(裏)(PDF形式)

 

展覧会概要

会期 2021年4月17日(土曜日)から6月6日(日曜日)まで

会場 姫路文学館 北館

開館時間 午前10時から午後5時まで(入館は4時30分まで)

観覧料 一般:700円、大学・高校生:400円、中学・小学生:200円

  • 20名以上の団体は2割引
  • 常設展示も観覧可
  • クレジットカード・電子マネー等は利用できません。

主催   姫路文学館

企画   池田あきこ原画展実行員会

企画協力 わちふぃーるどライセンシング株式会社

協力   ほるぷ出版、静山社、学研プラス、白泉社、宝島社、出版ワークス、河口湖木ノ花美術館

後援   認定NPO法人 ボルネオ保全トラストジャパン、朝日新聞社姫路支局、神戸新聞社、産経新聞社、サンテレビジョン、播磨時報社、播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、姫路シティFM21、毎日新聞社姫路支局、読売新聞姫路支局、ラジオ関西

 

池田あきこ PROFILE

1976年、革メーカー「わちふぃーるど」創設。1983年、自由が丘本店のシンボルマークとしてダヤンを描く。1987年より、「猫のダヤンとわちふぃーるどの世界」をモチーフに多くの絵本や長編物語を創作、旅をイラストとエッセイでつづったスケッチ紀行シリーズや教科書の挿絵を手掛けるなど、幅広く活躍。

 

 

記念イベント

開会式に参加しよう!

ダヤンが、新曲「ダンスダンスダヤン」を披露します。

日時 4月17日(土曜日)午前9時40分から10時

会場 姫路文学館 講堂(北館3階)

   募集人数 30人

参加方法 往復ハガキ(1人1枚)・次の申込フォームで、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、「池田あきこ原画展開会式」を明記の上、姫路文学館まで。
締切4月2日(金)必着。応募者多数の場合は抽選。

≪参加申込受付は終了しました≫

 

池田あきこサイン会  ≪要当日観覧券≫ ≪要整理券≫

日時 4月17日(土曜日)午前11時から12時、午後2時から3時

会場 姫路文学館 講堂(北館3階)

定員 各回100人(先着順)

  • 当日、午前9時より受付(北館1F)にて、観覧券を確認の上、整理券を1人1枚配布します。
  • 展示観覧・物販は10時からです。
  • 当日、図録・書籍・版画・サイン会対象グッズをお求めの上(サインは1人1点)、会場にお越しください。
  • サイン会対象のグッズについては会場にてご確認ください。

 

池田あきこわーるど  

ダヤンの絵本の読み聞かせです。子どもから大人までお楽しみいただけます。

日時 5月15日(土曜日)午後1時30分から2時(開場は午後1時)

会場 姫路文学館 講堂(北館3階)

定員 80人(当日先着順)

出演 姫路文学館友の会ボランティア


イベント詳細