宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。

宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。

困難や苦悩を抱えながらも前進する人々の姿を描き、読者の心に深い感動や喜び、希望を呼び起こしてきた作家・宮本輝。

1977年(昭和52年)に「泥の河」でデビューすると、その翌年には「螢川」で芥川賞を受賞。今日に至るまでの約40年間にわたる作家活動の中で、『優駿(ゆうしゅん)』を始め、『錦繡(きんしゅう)』『青が散る』『星々の悲しみ』、今年ついに完結した大河小説「流転の海」シリーズなど、優れた作品を次々と世に送り出してきました。

本展は、人とは何か、生きるとは何か、生きる上で大切なことは何か、という作品の根底に流れる人生への深い洞察について、現代の優れたストーリーテラーの宮本輝が生み出してきた豊饒な作品世界をひもときながら、その魅力を原稿や愛用品など関連資料で紹介します。

 

【会期】平成30年(2018年)11月10日(土曜日)~平成31年(2019年)1月27日(日曜日)

開館時間/午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)

休館日 /毎週月曜日、12月25日(火曜日)~1月5日(土曜日)、1月15日(火曜日)
※12月24日(月曜日)、1月14日(月曜日)は開館。

【観覧料】一般700円、大学・高校400円、中学・小学200円
※20名以上の団体は2割引き ※常設展示も観覧可

【主催】 姫路文学館

【特別協力】 宮本輝 追手門学院大学附属図書館 宮本輝ミュージアム

【企画協力】 高志の国文学館

【後援】 朝日新聞姫路支局、神戸新聞社、産経新聞社、サンテレビジョン、播磨時報社、播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、姫路シティFM21、毎日新聞姫路支局、読売新聞姫路支局、ラジオ関西

 

関連イベント

・対談「宮本輝×中瀬ゆかり」(11月17日・土曜日/要申込)

・展示解説会(11月23日・金曜日)

・映画鑑賞会「道頓堀川」(12月8日・土曜日)

・大割範孝氏講演会(1月14日・月曜日)

 

展覧会チラシ  

 


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ: