特別展「ばばばあちゃんとあそぼう!絵本作家さとうわきこの世界」

かみなり小僧までごしごし洗ってしまう「せんたくかあちゃん」や、豪快なアイデアでみんなをドキドキワクワクさせる「ばばばあちゃん」などで、子どもたちに元気と笑顔を届けてきた絵本作家さとうわきこさん。その作品には、病弱でひとりぼっちだった幼少期の記憶から、子どもたちには笑って明るく暮らしてほしいというさとうさんの願いが込められています。
本展では、「ばばばあちゃん」をはじめとする絵本原画を中心に、さとうさんが絵本作家となるまでの歩みや、創作の舞台裏、絵本に寄せる夢についても紹介します。
さとうさんの絵本は、どれも読者の好奇心をくすぐり、ゆかいな想像をふくらませてくれるものばかり。
さあ、ばばばあちゃんと一緒に楽しいことをいっぱい見つけてあそびましょう。

『どろんこおそうじ』(福音館書店)

『どろんこおそうじ』(福音館書店)

  • 会 期  令和元年(2019)6月29日(土)~9月1日(日)
    休館日  毎週月曜日、7月16日(火)、8月13日(火)
    ただし、7月15日(月)、8月12日(月)は開館。
  • 会 場  姫路文学館 北館
  • 観覧料  一般700円、大学・高校生400円、中学・小学生200円
    ※20名以上の団体は2割引
    ※常設展示も観覧可
  • 主 催  姫路文学館
  • 協 力  小さな絵本美術館、福音館書店
  • 後 援  朝日新聞姫路支局、神戸新聞社、産経新聞社、サンテレビジョン、播磨時報社、播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、姫路シティFM21、毎日新聞姫路支局、読売新聞姫路支局、ラジオ関西

 

記念イベント

※いずれも、会場は姫路文学館講堂(北館3階)
※さとうわきこさんサイン会以外は申込不要

さとうわきこさんサイン会

募集受付はすでに終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました。抽選結果は、おはがきにてお送りしますので、もうしばらくお待ちください。

さとうわきこさんが姫路文学館に!当日当館で購入された本に限ります(サインは1人につき1冊のみ)。

日時 6月29日(土) 13時30分~15時(開場:13時)
定員 120人
申込方法 ハガキ・ファクス・姫路文学館ホームページ(参加申込フォーム)のいずれかで、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、「さとうわきこさんサイン会」を明記し、姫路文学館まで。〆切:6月14日(金)必着。応募多数の場合は抽選。
※サインの順番と時間帯は、抽選して通知します。

 

スティールパンコンサート「ばばばあちゃんカーニバル」

ドラム缶から作られた打楽器、スティールパンの元気な演奏。

日時 7月28日(日)14時~15時(開場:13時30分)
出演 パンチアウト・スチール・オーケストラ
定員 150人(当日先着順)

人形劇「森のちいくまちゃん」

ある日、ちいくまちゃんはひとりでおるすばんをすることに。すると突然どおんと扉があいて…。ほかに「わくわくドッキン!こぶたのりんご」も上演。

日時 8月18日(日)14時~15時(開場:13時45分)
出演 人形劇団クラルテ
定員 150人(当日先着順)

えほんのじかん

さとうわきこさん作の絵本の読み聞かせ。折り紙のプレゼントも!(各回30分、開場は30分前)

日時  ・7月20日(土)13時30分~
・8月17日(土)13時30分~
出演 文学館ボランティア
定員 150人(当日先着順)

つくろう!あそぼう!ばばばあちゃんまつり

ポスターを使ったエコバッグづくりやミサンガづくり、石ころアートのマグネットづくりや絵本の読み聞かせなど盛りだくさん。いろんなコーナーであそびましょう。

日時 8月10日(土)11時~16時
協力 文学館ボランティアほか
※各コーナーの混み具合で参加人数を制限する場合があります。

ばばばあちゃんに挑戦!アイデアべんとうをSNSに投稿しよう!

『ばばばあちゃんと おべんとう つくろう』(福音館書店)に負けないおべんとうの写真や絵をツイッター・インスタに投稿して、ばばばあちゃんをびっくりさせましょう。必ずハッシュタグ#himebabaをつけてください。

〈ばばばあちゃん〉になったり〈せんたくかあちゃん〉ごっこができる撮影コーナーもあるよ!!

場所 さんかくギャラリー(南館1階)

館内カフェ・水屋珈琲ではコラボメニューも!

 

さとうわきこプロフィール
東京都生まれ。
人気シリーズ「せんたくかあちゃん」「ばばばあちゃん」は1970年代に育児雑誌「母の友」(福音館書店)に掲載されて以来、現在にまで続くロングセラー。1978年『とりかえっこ』(絵:二俣英五郎 ポプラ社)で第1回絵本にっぽん賞受賞。ほかに『おつかい』『おりょうりとうさん』『たぬきがいっぱい』など多数。
長野県の岡谷市と諏訪郡原村(八ヶ岳)で「小さな絵本美術館」を主宰している。


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ: